組織・人材開発

  1. ホーム
  2. 組織・人材開発

ビジョンストーリー型組織変革 [組織を動かせるビジョンを作る]

  • ビジョンストーリーといっても、通常のビジョン設定では、組織を動かせるようになりません。それは、主として「意識の世界」だけでビジョンを作り、実行しようとしているからです。
  • ストーリー展開型では、人間の活動の96%を占めるという無意識の力をフルに活用してビジョンを描き、かつ無意識の力を活用して実行に結びつけるので、当事者意識が生まれ、施策が自発的に実行に移され、かつ成果が出やすいのです。

ビジョンストーリー型組織変革

某メーカーでのビジョンストーリーワークショップ導入事例

  1. 導入前

    K部長 : 「私たちは何も困っていないよ。あなた方はいったい何をしてくれるんだ?」と敵対的。

    人事部担当者のコメント

    この部は、組織としての一体感が無く、個々が忙しく、疲弊している…という状態 チーム・個人のモチベーションも低く、閉塞感・やらされ感が強く、抽象的に表現すると、白けている感じ 業績的にも厳しく、「リストラ」か、と思われた。

  2. 導入時

    研修センターで二日間、販売部員全員が集まり、販売部の三年後のビジョンを創造するワークショップを開催した。 ストーリー(物語)を創り、A4用紙18ページにまとめた。 行動計画に落とし込みが行われた。 従来の研修やコンサルティングとは違う。メンバーも共に成長している。若手の能力の高さに気がついた。

  3. 導入後

    一つにまとまるようになってきた一年間のバックオーダーも抱えるほど好調になり、販売部として社長賞を受賞した。 1年前とは隔世の感がある。(了)

このようにストーリー性を持たせたビジョン・戦略は、組織変革をもたらすことができます。

人事制度改革 [成長する組織への改革]

  • 人事制度は、生体である組織の営みのルールです。
  • そのルールに不備があると、循環が滞り、病気が発生します。
  • 「ビジョンストーリー」により、全体最適の状態を描いた後、患部だけを診るのではなく、全体の整合性を図ることが人事制度改革のポイントです。

人事システムの想定される問題点の循環とビジョンによる改革のイメージ

人材採用 [適切な人材の選び方]

  • 企業文化や職務との長期的な関係において、マッチングの乖離率を最小にするための人材選別方法です。

人材採用

人材育成 [事業後継者育成]

  • モデリングにより、現経営者のノウハウを体系化し、後継者に伝承できるようにします。

人材育成

後継者育成の事例

対象企業 電気工事会社、経営者:社長65歳
対象者 社長の息子さん35歳、営業部長を担当。
依頼内容 息子に会社を引き継がせたい。ついては、息子を育成して欲しい」との依頼
提案内容 社長が塾長となり「私塾」として開催
  1. 実行前

    スタートまで 当初、息子さんは嫌がっていた。「社長を経営者として尊敬できますか?」との問いに対しては「尊敬できます。」
    準備作業 社長へインタビュー実施。モデリングを行う。
  2. 実行時

    「私塾」スタート 塾の形式は事前に社長から伝授、伝承のテーマを選んでいただき、スタートする。時間は土曜日または日曜日の午後一時から4時までを基本とした。開催は月に2回を原則とした。そして、一年間継続
    社長からテーマに沿い自由に話していただき、息子さんも、モデリングの手法で、社長になりきる。そのときの社長の表情、姿勢は親子を超えて、師匠と弟子の間柄で真剣そのもの
    学習効果検証 時々、伝承、継承したことが機能するか、社長から課題を出し、息子さんが取り組む。きちんと機能していることを社長、息子さん、コンサルタントの3者で検証した。
  3. 修了後

    1年間の「私塾」を終了し、息子さんの実績を確認し、会社の諸事情を勘案して、息子を社長に、社長は会長に就任、現在も健全に経営を進めている。

  4. 社内展開

    「私塾」開催のために創った社長のモデリング内容の内、必要なものは社員に伝授することとした。

営業力強化

セールストレーニング(営業マン向け)

  • 成績優秀者の思考・行動をモデル化し、ロールプレイングなどを活用して他のセールスマンに教え、移植します。
  • モデル化のプロセスは、前述の「モデリング」と同様です。

セールストレーニング

セールストレーニング事例と実績のある業績(例)

  • 事例1

    顧客 工作機械販売会社
    提供サービス 営業改革コンサルティング
    成果 販売成績が全国の支店中、最低ランクの支店に対して営業改革コンサルティングを実施。 営業マン全員の売り上げが軒並みベースアップ。特に成績が最低だった営業マンは、営業スキル、モチベーションが劇的に向上し、全社の売り上げの40%を一人で売り上げるまでに成長。支店の販売成績も、全国で1位を達成。
  • 事例2

    顧客 環境ビジネス
    提供サービス 営業改革コンサルティング
    成果 1社200万円のビジネスが限度だった営業マンが、セールストレーニングを導入後、1社1000万円の売り上げを創るようになった。
  • 業界別ソリューション

    提案型営業スキル向上をベースに下記 の各業界に特化したソリューションを用意しています。

    • 金融/保険業界
    • 広告業界
    • 製薬業界
    • 製造業界
    • アウトソーシング/人材派遣業界
    • その他 物売りから提案型営業への転換が求められている業界

研修

イニシア・コンサルティングの研修では、アクションラーニング(実際の問題に取り組みながら学ぶ)の考え方を取り入れ、単なる座学による知識教育ではなく、受講者自らが考え、発言し、手を動かすことによって、より深い学びが得られるように構成されています。
研修の特徴としては、以下の5点があります。

  1. 1

    現場感がある

    実務経験があるコンサルタントが、経営者や実務家の方々に共感・納得して頂ける話ができます。

  2. 2

    分かりやすい

    難しいことも平易な言葉で分かりやすく学べます。

  3. 3

    参加型で刺激が多い

    講義だけでなく、自分で考える、書く、人と討議する等を交え、脳を活性化します。

  4. 4

    実践的に身につく

    実例や自社のことを題材にするので、実感を持って取り組めます。

  5. 5

    臨機応変

    顧客、テーマに合わせて柔軟にアレンジします。

ワークショップアプローチ

研修には、より実践的なワークショップアプローチを取り入れています。
ワークショップは、1日(終日)または、1泊2日、1日×数回などのいろいろなパターンで実施します。

  1. 1

    ワークショップ形式

    当事者意識が増す/全体感が持てる/新たな気付きが生まれる/議論が深まる/ ファシリテーションでブレをなくす

  2. 2

    講義とグループ討議の組み合わせ

    講義による知識習得とその知識をグループ討議で実践活用することで、自分の言葉、考えになる(血となり、肉となる)

  3. 3

    ファクトベース

    客観的な裏づけ/事実の迫力・説得力/定量化

  4. 4

    事前準備

    予習/討議材料作り/ワークショップ時間の最大限の有効活用

  5. 5

    成果物志向

    形に残す/レビュー可能/リファイン可能

  6. 6

    ワークシートの活用

    共通のフォーマット/何を考えたらいいか分かる/情報・成果を共有できる

  7. 7

    ラウンドの積み重ね

    計画的な進捗/先が見える/「上り詰める意欲」喚起

ワークショップアプローチ

研修新着実績メニュー

戦略・計画

コース名

経営戦略と経営計画基礎セミナー

対象

特に無し

内容

経営戦略とは何か、最新の理論・事例を紹介し、それをどう計画に落とし込むかを学びます。

 

内容:

1. 企業理念と経営ビジョン

2. 経営ビジョンと戦略

3. 戦略の立て方

4. いろいろな戦略

5. 戦略から経営計画へ

6. 戦略のモニタリング

7. 経営計画と予算

8. 予算の立て方・フォローの仕方

9. 戦略・計画へのシステムの活用

時間・定員

所要時間:3h

定員:20名程度

コース名

中計セミナー&ワークショップ

対象

特に無し

内容

計数計画ばかりでなく、ビジョンや戦略、活動計画を主体とした中期経営計画のあり方、作り方を学びます。ワークショップでは、実際に自社を対象に中期経営計画の骨子を策定できます。

 

内容:

1. 中期経営計画の作り方

2. 外部環境分析

3. 自社経営資源分析(含む財務分析)

4. ビジョン設定

5. 基本戦略設定

6. 個別戦略設定(組織戦略・事業戦略・機能別戦略)

7. まとめ

時間・定員

所要時間:1泊2日

定員:20名程度

コース名

ビジョンストーリーワークショップ

対象

特に無し

内容

会社や組織(部門等)の将来像を現状にとらわれない自由な発想で、具体的にストーリーテリングの手法(物語化)で描きます。そのビジョンを実現するためのシナリオを描き、施策の形で具体化することで、実行計画につなげます。

 

内容:

1. 手法説明

2. 課題認識確認

3. ビジョンのキーワード抽出

4. キーワード整理

5. ストーリー化

6. シナリオ化

7. 施策化

8. まとめ

時間・定員

所要時間:1泊2日ないし、8h×2回

定員:20名程度

コース名

新規事業ワークショップ

対象

フルに参加できる方のみ対象

内容

自らアイデアを発想し、ビジネスモデルを考え、ビジネスプランを作るまでを実践的、体験的に学びます。初心者にも驚くほど学習効果が現れます。

 

内容:

1. 新規事業について

2. アイデア発想法

3. ビジネスモデル

4. 顧客ニーズ

5. シーズとサプライヤー

6. マーケティング方法

7. 事業収支

8. ビジネスプラン作成

9. プレゼン

時間・定員

所要時間:3日(2泊3日または1日ずつ3回)

定員:20名程度

財務・会計

コース名

財務分析研修

対象

特に無し

内容

自社の財務データを競合他社と比較してグラフ化し、成長性、収益性、キャッシュフロー等の財務指標をビジュアルに分析して、自社の財務的な課題を構造的に理解します。

 

内容:(製造業向けと流通業向けでコース内容が変わります)

1. 財務分析の視点

2. 成長性分析

3. 収益性分析

4. 効率性・生産性分析

5. 安全性分析

6. キャッシュフロー分析

7. 自社の財務的な問題点抽出

8. 原因分析と課題抽出

時間・定員

所要時間:3h

定員:20名程度

コース名

管理会計研修

対象

特に無し(財務会計の基礎を修めていない人は、初級テキスト通読)

内容

事業別の損益の把握方法のみならず、管理サイクル、投資の管理、バランストスコアカード等についても幅広く学びます。

 

内容:

1. 財務部会計と管理会計

2. 収益性分析・管理の視点

3. 収益管理指標

4. 計上・配賦ルール

5. 業績評価

6. 組織と責任

7. マネジメント体系とサイクル

8. バランストスコアカードの活用

時間・定員

所要時間:3h×2回

定員:20名程度

ビジネススキル

コース名

ロジカルシンキング研修

対象

特に無し

内容

日本人が苦手な論理的思考法を基礎から学びながら、実践で使えるようトレーニングします。

 

内容:

1. 論点とは

2. 論理的思考法

3. MECE事例演習

4. ピラミッドストラクチャー事例演習

時間・定員

所要時間:8h

定員:20名程度

コース名

問題解決法研修

対象

特に無し(なるべく同じ問題を抱える職場・組織で合同受講が望ましい)

内容

身近な自分たちの問題を取り上げ、「なぜなぜだから法」というオリジナルな問題解決法を使って、問題の分析方法と解決策の立案方法を学びます。

 

内容:

1. 問題とは

2. 問題点の抽出

3. 問題点の原因分析

4. 課題の設定

5. 解決策の検討

6. 施策への具体化

7. 施策の評価と優先順位

時間・定員

所要時間:8h×2日

定員:20名程度

業務改善

コース名

業務改革のプランが作れる人材を育成する

対象

特に無し
(テーマに関連した部署のキーパーソンが参加すること)

内容

自社・自部署を対象に、現状の問題点抽出から解決策の立案、実行計画策定までを実践的に学びます。ワークショップの成果物は、翌日から業務に活用することができます。

 

内容 :

1. 方法論説明

2. テーマと目標

3. 問題点の抽出

4. 原因分析

5. 解決策の立案

6. 施策の検討

7. 実行計画作成

8. コミットメント宣言

9. まとめ

時間・定員

所要時間:2日(1泊2日または1日ずつ)

定員:20名程度

コンサルティングメニュー

  • イニシア相談室 ご相談・ご質問はこちらから
  • 小冊子進呈 中期経営計画策定のポイント・企業ブランドと競争優位性・「組織進化」支援サービス
  • イノベーションアドバイザー 経営コンサルティングの視点から、中期経営計画の施策を自動診断します。
PAGE TOP