ブランド戦略

  1. ホーム
  2. ブランド戦略

ブランドマネジメント

  • お客様に精神価値まで認められたブランドは強いといえます。

ブランドの価値構造は、次の3つから構成され、
上位の価値形成が出来れば顧客は簡単に離れない。

ブランドパワー

・・・良い商品さえ作って売ればよい時代は終わった。
(ただし、良い商品が必要条件であることには変わりない。)

お客様、社員、経営者、取引先、株主で盛り立てる企業価値のシンボル

  • ステークホルダー全ての利害関係が一致するのがブランディングの効果の特徴です。

企業ブランド

コーポレートブランドプロジェクトの標準的フロー

  • コーポレートブランド「を」いくらマネジメントしても会社は変わりません。
  • コーポレートブランド「で」企業活動の全てを未来指向に変革しない限りは・・・

コーポレートブランドプロジェクトの標準的フロー

ブランド価値評価

  • コーポレートブランド価値を評価するだけでなく、その価値を向上するための要因が見えるよう、中期政策変数に関連する評価指標について現状分析を行った上でブランド戦略の策定につなげます。

ブランド戦略の主要指標

企業理念・企業ビジョン

企業理念・企業ビジョンは、経営戦略やブランド構築をはじめとして全ての企業活動の原点です。これを明確化し、共有化することが出発点となります。

企業理念・企業ビジョン

ブランドアイデンティティー

  • ブランドアイデンティティーの構築のために下記のように未来戦略コンセプトを同時に構築するアプローチを取ります。それにより、独り相撲ではなく、成長戦略の指針と表裏一体となったブランド戦略を構築します。

ブランドアイデンティティー

アウターブランド戦略

  • アウターブランド戦略は、下記のような主要領域において、戦略的目標と評価指標の設定を行い、PDCAをまわしていく必要があります。

アウターブランド戦略

トータルインナーブランディング

  • ブランドアイデンティティーの実現のため、企業を全体最適する観点から変革していく必要があります。とくに企業の枠組みを変える改革とヒトの心と行動の変革を同時に行うことが成功のポイントです。

トータルインナーブランディング

ブランド課題~企業活動展開

  • ブランドプロジェクトの目指す効果は、ブランドアイデンティティーとブランド実現課題・解決課題を策定することにより企業ビジョンと経営理念を具体化する全企業活動へと展開され、実行に移されることです。

ブランド課題~企業活動展開

コンサルティングメニュー

  • イニシア相談室 ご相談・ご質問はこちらから
  • 小冊子進呈 中期経営計画策定のポイント・企業ブランドと競争優位性・「組織進化」支援サービス
  • イノベーションアドバイザー 経営コンサルティングの視点から、中期経営計画の施策を自動診断します。
PAGE TOP